ナースの転職状況

| 未分類 |

最近のナースの転職状況はかなりの割合で転職をするナースが多いようです。2006年の診療報酬改定により看護職員配置割合の引き上げが行われそれ以降ナースを確保しようとする病院の動きが増えている背景があります。また結婚・出産や多忙による離職も多く、ナース不足は恒常化しておりナースの転職状況はかなりの売り手市場です。ただし、求人は多いものの医療機関側の募集ニーズとナースのニーズにかなりのギャップが存在します。ナースの多くは日勤希望ですが医療機関側はそうは行きません。外来勤務に比べると病棟勤務は夜勤がありその分収入も多くなりますが体力の問題や家庭との両立を考えると厳しい状況になります。外来勤務への変更を求めて転職するナースも多いようですがタイミングや条件が転職の鍵を握っています。また看護業務を多く学べる一般病院と研究が中心で様々な知識を得ることが出来る大学病院との違い、看護理念や看護体制、日常的な整理整頓にいたるまで103項目にわたって機能評価が行われる機能評価認定病院とその他の病院、紙カルテと電子カルテの違い、医療機関の研修制度の違い、病院以外の企業での勤務希望、総合病院から個人病院への転職の伴う不安、社会の高齢化とあわせて40歳以上のナースの転職状況の厳しさ、准看護師の転職状況の厳しさなど様々な問題があります。今後は看護師不足の問題がよりクローズアップされることは間違いがなく、ベテラン看護師の貴重な経験が埋もれてしまわないような制度の改定を望みます。