医療系の転職状況

| 未分類 |

医療系の転職状況の現状はどのようなものかというと看護師の求人は需要に対して供給側が少ない状況にあります。就職しても2年から3年でやめてしまう状況にあるのですが、これは需要があるからいつでも辞めても大丈夫という事情よりも女性が結婚して子供を産むと一時期看護業務を辞め子育てに専念するという状況や旦那の転勤などの事情が多いようです。医療系の転職状況はこのように辞めさせないという教育よりもむしろ人材が流動的に動いている方が健全な状態であるということがいえるかもしれません。経営者はそのような観点から社内教育を考えて行くほうが経営に対して効率がよいのではないかと思えます。医療系の転職状況で転職して次の職場は医療の職場ではないかといえばそのようなことはなく、ほとんどが他の医療機関かまたは、介護施設などの管理者などの職業についている方がほとんどです。特に年齢が上の看護師ほど介護施設を希望することが多いうようです。介護施設では看護師は管理者として雇われ介護職として働かなくても良いからです。力仕事は介護職員が行ってくれます。なかには介護職員を自分の部下のように使っている方もいるようです。施設では看護師が夜勤を行わないところがたくさんありますし法律的にも夜勤を行わなくても良いのですから体力もそんなに必要ありませんが、責任は重大です。このように医療系を転職しても医療系か福祉系に分類されるのがこの職業の転職の特徴です。