保育園についてなのですが、基本的に保育士さんにも最近では看護師さんも務めるようになってきています。そういった求人を探しているような看護師さんも比較的多くなってきています。保育園のナースの転職の現状なのですが、数はどんどんと増えてきています。ですので、チャンスは多くなりつつありますが、募集は基本的に一つの保育園につきまして1名です。一般の医療機関でしたら、若干名というようなこともあるでしょう。しかし、保育園につきましてのナースの転職の現状なのですが、1施設につきまして、1名の募集になっています。1施設の募集につきまして1名ですので、複数応募があればかなりの倍率になっていってしまいます。上記した一般病院の若干名とはやはり違います。そこで保育園ナースの転職の現状なのですが、転職後の仕事内容についても知っておかなければいけません。保育園についてなのですが、1名での仕事となります。ですので、すべて業務内容は自分で決めていくことになります。命令されるようなこともありませんので、自分で計画を立てるのが得意であるというような方には特にお勧めになっています。しかし、受け身の仕事しかしたことがない方には最初は厳しいでしょう。保育園児の健康管理はもちろんですが、応急処置がいつでもできるような体制を自分でとれるように考えて業務をしていくことができれば、まず保育園の仕事も問題なく行っていけるでしょう。まずは一人での仕事になれることが必要です。