» 未分類のブログ記事

医療の役割と転職

| 未分類 |

少子高齢化の時代に突入したため、日本国内での安定的な仕事先を見つけることは難しくなってきました。 そのようななかで医療分野は非常に有望だといえます。 地域医療のレベルから、高度な先進的医療まで、一概にいうことはとてもできません。 しかし多くのひとが健康でより長生きをしたいという気持ちを持ち合わせている以上、医療の役割はとても大きいものです。 ところで、医療に携わる仕事をするようになってある程度たつと、転職を意識するようになるものです。 その際に注意しておきたい医療系の転職のポイントというのもあるものです。 医療分野の転職は、とくに自分だけのことを考えていてはなりません。 医療の現場はチームで成り立っているので、やめる期日を調整する必要があります。 それとともに最後まで気を抜かず、場の雰囲気を乱さないように心がけるようにもしたいものです。 医療系の求人は非常に多くあるので、すぐに転職ができそうにおもいがちです。 しかし医療系の転職のポイントとして、どのようなキャリア形成をするのかや、勤務形態を希望するのかなどを定めておく必要があります。 転職活動を開始する初期の段階で希望にぶれがあるようだと、なかなか理想的な転職先に巡り合いにくいものです。 豊富な求人の中からしっかりと条件に合うところを絞り込めるようにしたいものです。 医療系の転職のポイントを踏まえて、どのような仕事をしたいかがはっきりとしているなら、思い描いていたような転職先に巡り合えることでしょう。

医療系の転職状況

| 未分類 |

医療系の転職状況の現状はどのようなものかというと看護師の求人は需要に対して供給側が少ない状況にあります。就職しても2年から3年でやめてしまう状況にあるのですが、これは需要があるからいつでも辞めても大丈夫という事情よりも女性が結婚して子供を産むと一時期看護業務を辞め子育てに専念するという状況や旦那の転勤などの事情が多いようです。医療系の転職状況はこのように辞めさせないという教育よりもむしろ人材が流動的に動いている方が健全な状態であるということがいえるかもしれません。経営者はそのような観点から社内教育を考えて行くほうが経営に対して効率がよいのではないかと思えます。医療系の転職状況で転職して次の職場は医療の職場ではないかといえばそのようなことはなく、ほとんどが他の医療機関かまたは、介護施設などの管理者などの職業についている方がほとんどです。特に年齢が上の看護師ほど介護施設を希望することが多いうようです。介護施設では看護師は管理者として雇われ介護職として働かなくても良いからです。力仕事は介護職員が行ってくれます。なかには介護職員を自分の部下のように使っている方もいるようです。施設では看護師が夜勤を行わないところがたくさんありますし法律的にも夜勤を行わなくても良いのですから体力もそんなに必要ありませんが、責任は重大です。このように医療系を転職しても医療系か福祉系に分類されるのがこの職業の転職の特徴です。

医務室で働くには

| 未分類 |

ナースの転職先として、医療関係以外というものもいくつかあるようになっています。その医療関係以外なのですが、保育園というものや老人介護施設などもあります。そういったところでも多くの看護師さんが活躍をされているようになっているというわけです。そこでそのような看護師さんの医療機関以外での活躍なのですが、産業看護師というものもあります。その産業看護師なのですが、実際にかなり人気になっています。多くの看護師さんが産業看護師として働きたいと思っているというわけです。そんな産業看護師さんのナースの転職の現状についてなのですが、どのようにして働いているのかも知っておくべきです。実は企業になります、医務室の方ではあたらいているようになっています。その医務室での仕事とナースの転職の現状としましては、主に救急医療などをするケースが多いです。特に、体調を崩してしまった方やけがをしてしまった方の応急な処置や応急な手当てが主な仕事になります。また、医務室での仕事とナースの転職の現状としまして特に注目していただきたいのが、勤めている社員さんの健康管理というものです。健康管理は日常からかかわるわけですので、健康指導などもしっかりと行っていく必要があるというわけです。普段からしっかりと社員さんにかかわりまして、健康管理とその指導を行っていく必要があります。医務室にいるだけでなく、普段から社員さんの状況を見ていく必要があるというわけです。病院勤めとは違いまして中にはその現状にびっくりしてしまう方もいますが、だんだんと慣れてくるものです。

保育園についてなのですが、基本的に保育士さんにも最近では看護師さんも務めるようになってきています。そういった求人を探しているような看護師さんも比較的多くなってきています。保育園のナースの転職の現状なのですが、数はどんどんと増えてきています。ですので、チャンスは多くなりつつありますが、募集は基本的に一つの保育園につきまして1名です。一般の医療機関でしたら、若干名というようなこともあるでしょう。しかし、保育園につきましてのナースの転職の現状なのですが、1施設につきまして、1名の募集になっています。1施設の募集につきまして1名ですので、複数応募があればかなりの倍率になっていってしまいます。上記した一般病院の若干名とはやはり違います。そこで保育園ナースの転職の現状なのですが、転職後の仕事内容についても知っておかなければいけません。保育園についてなのですが、1名での仕事となります。ですので、すべて業務内容は自分で決めていくことになります。命令されるようなこともありませんので、自分で計画を立てるのが得意であるというような方には特にお勧めになっています。しかし、受け身の仕事しかしたことがない方には最初は厳しいでしょう。保育園児の健康管理はもちろんですが、応急処置がいつでもできるような体制を自分でとれるように考えて業務をしていくことができれば、まず保育園の仕事も問題なく行っていけるでしょう。まずは一人での仕事になれることが必要です。

ナースの転職状況

| 未分類 |

最近のナースの転職状況はかなりの割合で転職をするナースが多いようです。2006年の診療報酬改定により看護職員配置割合の引き上げが行われそれ以降ナースを確保しようとする病院の動きが増えている背景があります。また結婚・出産や多忙による離職も多く、ナース不足は恒常化しておりナースの転職状況はかなりの売り手市場です。ただし、求人は多いものの医療機関側の募集ニーズとナースのニーズにかなりのギャップが存在します。ナースの多くは日勤希望ですが医療機関側はそうは行きません。外来勤務に比べると病棟勤務は夜勤がありその分収入も多くなりますが体力の問題や家庭との両立を考えると厳しい状況になります。外来勤務への変更を求めて転職するナースも多いようですがタイミングや条件が転職の鍵を握っています。また看護業務を多く学べる一般病院と研究が中心で様々な知識を得ることが出来る大学病院との違い、看護理念や看護体制、日常的な整理整頓にいたるまで103項目にわたって機能評価が行われる機能評価認定病院とその他の病院、紙カルテと電子カルテの違い、医療機関の研修制度の違い、病院以外の企業での勤務希望、総合病院から個人病院への転職の伴う不安、社会の高齢化とあわせて40歳以上のナースの転職状況の厳しさ、准看護師の転職状況の厳しさなど様々な問題があります。今後は看護師不足の問題がよりクローズアップされることは間違いがなく、ベテラン看護師の貴重な経験が埋もれてしまわないような制度の改定を望みます。

ナースの転職の基礎知識としましては、どうしても注目していかざるおえないのがお給料です。転職先のお給料はどうなっているのか、という部分は詳しく知っておくべき存在になっています。そのお給料なのですが、実は地域性が出ることはあまり知られていません。実際に、その地域にある病院によりまして、かなりお給料に違いがあります。ナースの転職の基礎知識としまして、地域によって転職後のお給料に違いがあるということは詳しく知っておかなければいけません。中には転職理由の一番上にお給料がある方もいらっしゃいます。そこで地域によるお給料のナースの転職の基礎知識についてなのですが、大まかに分けますとやはり関東のお給料はかなり高い傾向にあります。関東での看護師さんの転職は有利になるということです。また同じように、完済もやはり関東に匹敵するレベルになります。お給料としましては転職時にもかなり有利に働くといえるのではないでしょうか。そして上記の二つはしっかりと予想できるものなのですが、問題になるのがほかの部分です。いったい関東や近畿以外ではどの地域が看護師さんの転職後のお給料がいいのか、という部分はしっかりと知っておくべきでしょう。実は東海地方と北海道がかなりの水準になっています。経験が10年程度でありましても、ほとんど関東や近畿との差はありません。そういった地域で転職をされようと思っていた方にはかなり有利な知識になる部分です。是非、参考にしていくべきです。